釘付け

今年は空梅雨、そして今は戻り梅雨saito

夏に追い越された雨季という季節が遅れてやってきた

ゲリラ豪雨や記録的大雨が首都圏で多発

その影響が交通機関の乱れになり

浸水被害、徒歩で家路につく人

僕はその映像をテレビで観ていた

真剣に集中して観れていた

語弊があるかも知れないが

非日常、しかしどこか明日は我が身を感じさせるどこかに釘付けられていた


今、僕は舞台の稽古中

人が真剣に集中して観れるものって何なんだろう

昨日もこの問いを改めて考えさせられる稽古場だった

僕たちが身体を使って表現することで

観ている人が当事者になって

非日常、しかしどこか明日は我が身を感じさせる

そんな芝居も、人が真剣に集中して観れる要素なんだと

日常と照らし合わせることで

またひとつ識りえた

傷つき成長しを繰り返しながら作品が大きくなっていく


斎藤 アキノブ