稽古場日誌Vol.29 「ギアをあげて」

なでしこJAPANの勝利の話題から始まった1日でした。

稽古場に着くと、先に来ていた方々で盛り上がっていました。
中でも一番興奮していたのは、大のなでしこファンの八木ちゃん。
宮間選手の言葉にも感動されたそうです。

千晴は先日のムーブメントの復習をしていました。
相変わらず、真面目だなぁ。と感心させられました。

今日の稽古は「タニンノカオ」を通しながらの稽古でした。
全体の流れをつかみ、気になるところは小返ししようと。
その為に、まず小道具の準備、仮衣装、動きの確認をしました。

この時点でいつもとは違う緊張感が漂っていた。

舞台監督の了さん、照明の芦辺さん、演出の久次米さん、そして俳優達、
全ての準備が整い、始まりました。

途中、小返しや休憩をはさみながらも最後までいきました。

ふぅ~

稽古後はみなさん個人個人で感じたことはさまざまなようでした。
僕は、これじゃあかんなぁと自分の役作りに対して感じた、帰宅の道。

明日は「タニンノカオ」
そして明後日からは「人命救助法」も加わり二本立てと本番を想定した稽古になる模様。

凝縮し研磨していかねば。

写真は横溝氏。
彼はスポーツ愛好家。
中でもプロレス団体ドリーマーズが一番のお気に入り。
「ワイルドだろぅ?」
実は気遣いがとても細やかという一面があり、
このワイルドな外観からはとても想像しがたい。
ちなみに生のレモンが大の苦手らしい。


張徹雄