稽古場日誌Vol.5 「半分」

今日は6月30日。今年も半分が過ぎました。
時間が経つのが早すぎやしませんか?

シンクロは、今年で15年。
よく、15年も続けてこられたなぁ、と思いつつ。
時間が経つのが早すぎやしませんか??

朝からDM作業。
今日、皆様にDMを発送しました。
お手元にまもなく届きますので今しばらくお待ちください!

公演準備は、まず劇場を押さえるところからはじまります。
大抵、1年半前には劇場に申し込みをします。
明日のこともわからないのになぁ、、、、
だからこそ、続けてこれたのかも知れません。

明日のことがわからないからこそ、
「今日」という日を精一杯「明日」の為に生きる。
芝居の稽古もこれにつきます。

今日は残り半分の台本「タニンノカオ」が配られました。
今回の公演は「人命救助法」と「タニンノカオ」。
上演時間を半分づつにして2つの作品をお送りします。
安部さんの作品は、
表と裏、光と影、自己と他、中と外、虚と実、など
半分反面をあらわすことが多いようです。
さてさて、どんな半分づつになるのやら。

さ、「明日」の稽古の為に準備準備。

写真は作業中のDMです!

水谷 純子