34日目「愛ある楽屋!」えんどうまめこ


気が付けば、再来週の今頃は千秋楽も終わっている…
げげっ!ホントに焦る!!焦りまくる!!!


今日は午前中から小道具づくり。
牟田師匠!ありがとうございました♪

衣装や小道具がカタチになってくると、
勇気とやる気と焦りが湧いてきます…。
今回の衣装や小道具にはこったものが多いです。乞うご期待!


午後からはラストまでの小返しと、今回初の荒々通し。
役者のテンポも重要です!がんばらなくちゃ。
しかも自分がいかにやるべきことを頭に叩き込んでいないか、よくわかりました。
小道具のプリセットや衣装や…あ~パニック体質を改善したい!
残りの稽古で頭と身体に染み込ませなくては。復習!復習!!

今回の荒々通しで特に反省したのは、
他の人のサポートがいかに重要かということ。
自分のことだけ考えていたら、芝居は成り立たない!
特に早着替えや転換が次々と押し寄せてくる舞台だけに、
自分に少しでも余裕がある時は、他の役者さんのサポートをしなくては!

共演者への愛のある楽屋が,愛のある芝居を作るのだ。

お風呂につかって、腰をもんで、明日もがんばろう!