Vol.36「刻一刻」(原田佳世子)

harada_photo2
上演が近付いてくる。

今日の稽古は、「シンクロナイズ的転換術」のレクチャーから
はじまった。
シーンとシーンの間、舞台上のものを動かし、次の場面を作る
ときの心得が伝授されたのだ。

迷わず、最もシンプルなルートで、落ち着いて、確実に、美しく…

ほうほう、なるほど。聞いて納得、見て納得。
さあ、やってみよう!
と、思って稽古に臨むがいざ転換作業すると、なかなかそれが難しい。
難しいから、稽古するしかないんだ。それは転換に限らない。

「稽古不足を幕は待たない」と、梅沢富美男が歌っている。
一度聞いて忘れられなくなった歌詞のひとつだ。

刻々と本番は迫ってくる。
だから一日一日大切にして、いいお芝居にしたい。
そして芝居が出来上がって来るとともにワクワクしてくる気持ちをエネルギーにして、
明日も稽古頑張りたいと思います。

090910_1805~01
最期に本日のナイスガイ写真。
出羽さんの、びっくりするくらいShall we dance?
な立ち姿です!!


原田 佳世子