Vol.29「かえる」(草光純太)

kusamitsu_photo2
えー、ここへ来て今更ですが稽古場日誌のシステムをご紹介。

シンクロに参加する者はこれを逃れる事などできません。
(ちゃんと契約書に書かれてる!)

自分の番が来たら、
その日の様子を写真に納めコメントを書く。
確実にその順番はやってきます。

何故なら、着到板(参加者の出欠を確認するボード)にくっついている《かえる》がぴょこぴょこやってきて『お前の番だ』と言うからです。

(※着到板)
200909031752000


コレがそのかえる。
名前の横で笑ってますね。


(※附け帳)
200909032018001


で、このかえるになんとなぁく似ている
壁に貼ってある喜多君の衣装プラン。


はい。今日の日誌終わり!

『だから何なんすか?』
コロ助(高橋)は冷たくこう言い放つよなー。

『しょーもな!』
みずっち(水谷)さんは簡潔にこう言うよね、きっと。

『あれ、何なん?』
張さんは笑顔でこう言うなー。

僕だってこの写真、ほんのオマケのつもりだったんですよ。
でも、帰ったらこの写真しか無かったんだもの…。写真撮るの忘れてた。

それだけ稽古が濃密になって来たって事です。
行けるな、この芝居!
おもしろくなって来てますよ!


草光 純太