Vol.27「リズム感」(しま まなぶ)

shima_photo2稽古場日誌をつけるのもやっと二巡目かぁと思っていたら、
本番初日はもう半月後じゃないか!
早い!
はっきり言って焦ります。

台本読んだりして、ついつい睡眠時間を削ってしまうのですが、
身体壊しちゃ何にもならないですからね。
栄養しっかりとって、体力落とさないようにしような俺!
ビールは飲み過ぎないように・・・。

さて、稽古が進む中、あらためて重要だなあと感じているのが「リズム」。

リズム感、テンポ感。

役者にとっては大切な要素だと思います。
今回の演出においては、特に!重要となってきました。
今日稽古したシーンも、リズムが命。
お客さんが楽しくてウキウキするか、カラダをよじらせるかは紙一重。
出演者一人一人のパフォーマンスにかかっているのです!

シンクロナイズが導きだす表現は、ほんと、面白いです。
こんな面白い事、舞台でしか出来ません!

しかし、やろうとしていることが面白くても、やれなければ面白くも何ともない、ただの苦痛になってしまいますからね、恐ろしい・・・。

クリアしなければならない課題は盛りだくさんですが、克服してまいります!
絶対に面白い作品にするぞ!

みんな頑張ろうぜ!

SH3801330001写真は、私の期待に応えて、
カメラの前で小道具の笛と格闘してくれた
サービス精神旺盛な早川くんです。


しま まなぶ