Vol.3「いちから。」(水谷 純子)

mizutani_photoエトランジェの稽古が始まりました。
いやぁ、しょっぱなから稽古が面白い。
皆、やる気満々、テンションも変に高め。
どちらかというと男所帯なので、稽古場密度も高め。

あーでもないこーでもないと、文字通り「いちから」作品に突進しています。
「いちから」のいちは、原作の「異邦人」のみ。
そこからスタート。

原作を踏み台に、役者と演出家で格闘し、
それがむくむくと作品のかけらになってきています。
いやあ、みなさん。
「異邦人」と聞いて、「難しそ~」と思う無かれ。
今のところ、面白いシーンしか出来上がってきていません。
初日の稽古場は爆笑でした。
昨日の稽古場も爆笑でした。
えっ?「異邦人」なのに??
原作を読んだ人も読まずに見る人も、楽しめる作品になること保証します。
絶対絶対観に来て下さいね!!

この不況。苦しいさなか。
どうせ芝居屋。もともとボンビーですから、あんまり状況はかわんない。
だからこそ。
シンクロは、HPもリニューアルしちゃったり、時代に小さな反抗を試みます。
どうせ芝居屋。霞食って、体使って、生きながらえますよ。
作品を創り続けるために。

水谷純子