公演概要をUPしました!

dokyusei_0705

出演

水谷 純子
井上 加奈子
八木 理香子
高石 直美
合田 真依子
伊藤 千晴
横溝 浩一
張 徹雄
早川 毅
牟田 圭吾
河之内 伝
前川 翔
米山 実生
大浜 直樹

概要

○公演日程
2014年9月
23日(火・祝)18:30~
24日(水)19:30~
25日(木)19:30~
26日(金)19:30~
27日(土)14:00~/18:30~
28日(日)14:00 ~

○公演会場
調布市せんがわ劇場
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5
TEL:03-3300-0611 ※京王線仙川駅より徒歩4分

○チケット
前売り 一般 3,800円 当日 4,000円 高校生以下 2,000円

○お問い合わせ
シンクロナイズ・プロデュース
〒213-0002 神奈川県川崎市高津区二子2-15-38-B1F
TEL&FAX : 044-814-0503
e-mail : info@synchronize-p.com

作者からの言葉

人生には「選択」を迫られる状況があります。
進学、就職・転職、恋愛・結婚・出産、老後…。
その選択は、個の意志や環境もさることながら、「他者」に影響されることも少なくない。
むしろその方が多いのかも知れません。
この日本(世界全体)の社会も是々非々の「選択」です。
原発か代替エネルギーか、集団的自衛権に賛成か反対か、増税か財政出動か。
「選択」は、私たちの生活(人生)を大きく左右します。

もうひとつ、
「もの・こと・ひと」には「終末」が必ずあります。
私は、20年前に阪神淡路大震災にて被災しました。
3年前には東日本大震災も目の当たりにしました。
ここ数年、地球の環境は短いスパンで変化しています。
恐怖訴求ではなく、私は案じています。
ついでに、シンクロナイズ・プロデュースも今回で終末を迎えます。

とある劇団附属の養成所。
同級生が20年ぶりに劇団に会します。
養成所を卒業後、さまざまな「選択」をした面々です。
芝居を続けることを選んだ者
芝居以外の価値を見出した者
続けたくても続けられなかった者
社会の渦にのみ込まれていった者…
登場人物たちは、演劇に共感し反感する中で、未来に向けて選択し模索していきます。
「すべてこの世はひとつの舞台。男も女もみな役者にすぎない。」

現在の劇団養成所の面々は、今を生きる当事者です。
目の前の卒業公演に向けて励んでいます。
終わりがあるなんてこれっぽっちも思っていません。
しかし現代は、新入社員の3人に1人が三年以内に離職。
男性の生涯未婚率は20%で5人に1人は一生結婚しない、できない。
そして20年後には高齢者(65才以上)は人口の三分の一に達します。
もしかすると現在の若者たちの方が潜在的な危機感を抱いているのかも知れません。
今回の作品は、そんなお話しです。

20年後…100年後、私たちのこの世界はどうなっているのだろうか?
まさしくチェーホフが案じた世界です。
やはり社会を、世界を、地球を、環境を私は案じます。

スタッフ

○スタッフ
作・演出 久次米 健太郎
照明:芦辺 靖
音響:宮田 充規
音楽:鼓代 涼
舞台監督:渡辺 了[(株)ダイ・レクト]
制作:木寺 美由紀
協力:坂下 しのぶ/しま まなぶ/平井 夏貴/小林 真紀子
宣伝美術:櫛田 好伸[クリエイティブボックス]