素頓狂、出来損ない天使

suttonkyou_leaflet_big
シンクロナイズ・プロデュース
第4回公演

『素頓狂、出来損ない天使』

作・演出:久次米健太郎

▼出演者
井上加奈子
水谷純子
久次米健太郎

▼公演会場 シンクロナイズ・スタジオ

▼日時 1999年8月
7日(土) 15:00/19:00
8日(日) 15:00

上演写真はこちら

【あらすじ】

父さんは、オカマバーのママ。
母さんはヒステリーママ。思ったとおり離婚した。

ぼくのおじいちゃんは、父さんのお父さんなんだけど、
若い頃は小説を書いていたらしい。売れない小説家。

父さんのうちに一冊だけ
おじいちゃんの書いた小説が残ってて、
(もしかすると出版されたのは
この一冊なのかもしれないけど)
表紙に『素頓狂、出来損ない天使』。
へんてこりんな天使たちがワラワラ描いてある奇妙な本。
父のところに行く度にちょっとずつ読んでいった。

…ほんの少し父のことがわかったような気がした。

【STAFF】

照明|芦辺 靖
音響操作|上仁牧子
音楽|鼓代 涼
制作|土屋武之
企画制作|オフィス・シンクロナイズ