世田谷区民演劇「三人姉妹」本日初日!

さて。
本日、初日となります。

なかなか、いい出来ですよ。
世田谷区民上演グループA「三人姉妹」

昨日は、劇場で初めての、音と明かりも合わせた通し稽古。
装置もキレイ、照明もキレイ、音楽もキレイ。
そして、一番キレイなのが出演者。

キレイなものとは、美醜二つを持ち合わせているもんです。
べつに本人たち自身が「醜」なのではなく、
演出上、普段は見せないいろんな変顔や変体を要求していますので、
戸惑う出演者も、それを楽しむようになってきたと勝手に思っています。

なかでも、三人姉妹。
皆さん、必ずキレイだとと思うことでしょう。
オーリガ(クミさん)、マーシャ(ツムちゃん)、イリーナ(ヒロヒロ)の三幕は必見です。

素敵です。
三人の思いがそれこそ美醜相まって、
人間の可笑しさと悲しさを表現してくれています。

そこに、弟のアンドレイ(コミ)がいい味を出してくれている。
この男子、高校生ながら色気のある男です。

さて、初日どうなるんでしょうか?
これから、このお芝居どうなっていくのでしょうか?

きっと、きっと…
そう願って。