世田谷区民演劇「三人姉妹」稽古始動!

下北沢演劇祭 世田谷区民演劇Aグループの稽古が開始しました。
総勢17名。
始まって三週間になるのですが、平日はお仕事や家事などで稽古が出来ませんので
土日集中、約4ヶ月間の稽古期間となります。

作品は「三人姉妹」
かのチェーホフ作品です!
レパートリーを出し合って僕が強引に決めました。

問題なし。
オーディションでは違うレパートリーも考えたのですが、
顔合わせで、絶対チェーホフだと確信しました。
年齢層も幅広く、個性豊かで、人生経験豊富。おまけに芸達者。
チェーホフにモッテコイです。

思うに、日本で上演されたチェーホフの「三人姉妹」の中で
一番ハチャメチャで面白い作品になるのではないでしょうか!
というくらい自信満々で挑んでいます!

昨日は配役も発表し、臨戦態勢。
配役に一喜一憂、戸惑いや不安もあるでしょうが、
そんなのは人生においてそれほど重要なことではない。
いかに瞬間を楽しめるか。その場を生きることができるか。
それに尽きるのですから。

稽古は、お芝居のお約束ごとに乗っ取って、、、
始まりは挨拶から。
そして、ウォーミングアップ。
即興課題。
歌稽古(のちにダンスもあるのか?)。
読み合わせ(そろそろ立ち稽古)。
ってな感じで進めています。

P1000269稽古場の風景。

美男美女揃いなのですが、
肖像権に抵触するするらしく。。。
後ろ姿美人でご勘弁を。

今は、身体だけが心配です。
この季節風邪に用心です。
また、馴れない稽古に疲れが溜まらないかと。。。


やりたい人がやりたいようにやる!
これがモットーですから、みんなで考え、みんなで試し、みんなで遊ぶ。

世田谷区民演劇の今回のテーマでもあります。