Vol.34 形作るもの

3回目の稽古日誌。

1回目はまだ夏真っ盛りで、
2回目は夏が少し落ち着いて、
3回目はもうすっかり秋を感じるようになりました。

今日は冒頭からの稽古。
エンディングの稽古を終えて、オープニングの稽古に戻ると
ちょっとタイムスリップしてきたみたい。
というくらい最初と最後では全然違う雰囲気です。

違う雰囲気といえば、
髪型が変わったり衣装が変わったりして
だんだん登場人物が彩り鮮やかになってきました。

髪型、服装、歩き方、喋り方…いろんなものがその人を作るんだなぁー
と改めて実感します。
そう思って電車の中で、街中で、いろんな人を見てみると、楽しい。

その人の好きなもの、こだわり、大事なもの、嫌いなもの、
そういうものが
服から表情から姿勢から身につけてるものから見えてくる。
そういう人間らしさって面白いなぁて思います。

このお芝居でもそういう人間らしさが出ています。

本番まであと少し!

劇場でお客様に会える日を心待ちにしながら稽古頑張ります!

伊藤 千晴