【中学生・高校生 演劇部 特別優待!】

『カルメン、オレじゃダメなのか…』中学生・高校生 演劇部 特別優待!

中学生・高校生演劇部の皆様は
特別優待¥500にて観劇できます。

また、
9日(金)14:00
10日(土)13:00
のマチネ公演に関しては、
公演終了後にバックステージツアーも実施致します。

申込み方法

【料金】
500円(当日は学生証をご携帯下さい)
同伴の演劇部顧問の先生:1,000円
*メールのみの受付となります。

【予約方法】
ticket@synchronize-p.com

メールの件名を、『演劇部 優待希望』とし、
本文に、
1)お名前
2)ご所属(学校名/学年 or 顧問)
3)ご来場希望日時
第一希望日時:
第二希望日時:
4)チケット枚数
5)ご質問・ご希望

をご記入ください。
※予定人数になり次第締め切りとさせていただきます。

【日程】
2013年8月7日(水)~11日(日)
7日(水)19:30
8日(木)19:30
9日(金)14:00/19:30
10日(土)13:00/18:00
11日(日)13:00
※受付開始は開演の1時間前、開場は30分前です。

【会場】調布市せんがわ劇場
井の頭線「仙川駅」徒歩4分
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-21-5
地図→http://www.sengawa-gekijo.jp/access.html

出演者の写真をUPしました。

今回の出演者です。

出演者

hayakawa_mono2013 murakami
水谷 純子 早川 毅 横溝 浩一
張 徹雄 村上 貴弘

06hirai gouda 09maekawa 08saito tamaki_taishi
平井 夏貴 合田 真依子 前川 翔 斎藤 アキノブ 玉城 大志


詳細は、コチラから

次回公演『カルメン、オレじゃダメなのか…』

シンクロナイズ・プロデュース ~次への回路#7~
久次米 健太郎/台本・演出

『カルメン、オレじゃダメなのか…』

今回お贈りする作品は、メリメの原作カルメンを料理した
ご存知ビゼーのオペラ『カルメン』とはちょっと違う、
ゴダールの『カルメンという名の女』とはもっと違う、
だいぶ風変わりなカルメンです。
オトコとオンナの奇妙な復讐劇。
テーマは「愛」、直球勝負です!

概要

calmen_data_omote
○会場
調布市せんがわ劇場

○料金
【発売日】2013/06/08
前売り4,000円/当日4,200円
/高校生以下2,500円

○タイムテーブル

携帯からの予約はこちらをクリック!


出演者

murakami
水谷 純子 早川 毅 横溝 浩一
張 徹雄 村上 貴弘

06hirai gouda 09maekawa 08saito tamaki_taishi
平井 夏貴 合田 真依子 前川 翔 斎藤 アキノブ 玉城 大志


あらすじ

とある街、とある売春宿。
その中でカルメンは情熱的な美人であった。
それが多くの男を魅了した。
警察官のホセは売春宿の摘発でカルメンを留置場に送る役目であった。
しかしカルメンの誘惑に負け逃がしてしまう。

ホセはカルメンに恋をした。
カルメンには別れた旦那がいた。
若い恋人もいた。
口説く男が引く手あまたいた。
が、男たちはカルメンに翻弄される。
カルメンは自由な女であった。束縛されることを極度に嫌った、ただそれだけだった。
情けなく惨めな男たちは、嫉妬と憎悪の中、カルメンを自分のものしようと必死になって叫ぶ…
カルメン、オレじゃダメなのか…

誰がカルメンを射止めるのか?
誰がカルメンを殺めるのか?

スタッフ

台本・演出:久次米健太郎
照明:芦辺靖
音響:宮田充規
制作:木寺美由紀
美術:櫛田好伸[クリエイティブボックス]
舞台監督:渡辺了[(株)ダイ・レクト]

オーディション募集開始!

『 モブ カルメン 』ワークショップ&オーディション

4月20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)・29日(月・祝)の
5日間でワークショップ&オーディションを実施します。
こちらのワークショップは、次回公演シンクロナイズ・プロデュース次への回路#7
『The Mob-Carmen(モブ カルメン) 』(2013年8月せんがわ劇場)のオーディションも兼ねています。
ご応募お待ちしています。

○ワークショップメニュー

言葉の発声による芸術は、おおむね音楽に決着すべき。
私、信じてやみません。
ソフォクレス、シェイクスピア、ブレヒトの演劇…
コロス、オペラ、ミュージカル、ポエム…
どの作家、どの演劇スタイルにも音楽が伴っています。
そしてセリフはもちろん、声であり、音です。
また逆に、いい音楽には必ず言葉があります。
奏でる音楽に物語が存在します。
今回のワークショップでは、
メロディ、リズム、ハーモニーの基礎となる身体と呼吸のアーティキュレーションと、
「身体(ノンバーバル)」「言葉(バーバル)」での表現を試し、俳優の身体の中にある音を探ります。

○身体訓練:「ニュートラルに立つ・歩く」「呼吸とリズム」「動きのメカニズム」「身体の水脈」を知る
○劇表現:「身体(ノンバーバル)」「言葉(バーバル)」での表現と、「目線」「距離」の関係
○シーン・スタディ:音楽と演劇
○舞台技術実習:舞台裏の基礎知識

○募集概要

【日程】
2013年4月20日(土)・21日(日)・27日(土)・28日(日)・29日(月・祝)の5日間(14:00~18:00)。
原則全日参加とします。(相談可)。

【対 象 者】
年齢、経験不問。プロ・アマを問いません。ただし健康な方に限ります。

【料  金】
一般 1回2,000円/全5回  高校・大学生 1回1,000円/全5回 定員25名。

※専門学校生・大学院生は一般料金です。
【参加方法】
希望する参加の形態を選択してください。
①ワークショップ及び公演オーディションに参加
②ワークショップのみ参加
③公演オーディションのみ参加
※現時点で欠席の日がある方は、あらかじめお教えください。

【場  所】
シンクロナイズ・スタジオ 川崎市高津区二子2-15-38-B1
東急田園都市線「二子新地」駅 下車 西口改札を出て徒歩5分
TEL:044-814-0503

【応募締切】
2013年4月12日(金) 締切〔当日必着〕
【申込方法】必要事項と、背景無地のバストアップの写真を添付し、
(チラシ用の宣材写真に使用できるもの、携帯写真やスナップ不可)メール/郵送のいずれかの方法でお申し込みください。
締切り後、簡単な書類審査を行い、メール及び電話にて詳細をご連絡いたします。

【必要事項】
1)氏名 2)住所 3)生年月日 4)出身地 5)電話・携帯番号 6)メール・携帯アドレス
7)経歴 8)特技 9)シンクロ観劇の有無 10)応募の動機 11)参加の形態 ①WS&AD ②WSのみ ③ADのみ
応募多数の場合は公演参加希望者を優先します。

【申込み先】
郵 送:〒213-0002 川崎市高津区二子2-15-38-B
シンクロナイズ・プロデュース#7WS&AD係
メール:info@synchronize-p.com

【オーディション合格後】
シンクロナイズ・プロデュース 次への回路#7
『The Mob-Carmen(モブ カルメン) 』 台本・演出 久次米健太郎
6月中旬~8月4日平日19:00~22:00、土日祝13:00~18:00の稽古に参加し、
8月5日~11日にせんがわ劇場にて出演していただきます。
※稽古日程変更あり
作品概要はHPでご確認下さい。

【問 合 せ】
シンクロナイズ・プロデュース TEL:044-814-0503

第30回 若葉台文化祭・前夜祭公演

若葉台文化祭・前夜祭 ~生きる歓びをわがまちに~

横浜市旭区若葉台では、
32年前から「生きる歓びをわがまちに」「子どもたちに心のふるさとを」を合言葉に
さまざまな活動を始めています。
若葉台文化祭はその一環として開催されています。
今回、シンクロナイズ・プロデュースは、
公演の依頼を受け、若葉台の地域活性の主旨に賛同し、
文化祭の前日(前夜祭)にお芝居を上演することになりました。
シンクロナイズでは、今後も「地域の活性化」「子供たちへの演劇教育」など、
さまざまな活動で地域貢献に努めていきたいと考えています。


シンクロナイズ・プロデュース公演

セルバンテスによる 久次米健太郎 台本・演出

『愚ドン・キホーテ』

▼日時 2012年11月10日(土) 18時開場 18時30分開演

▼観劇無料

▼出演者
早川 毅(はやかわ たけし)
横溝 浩一(よこみぞ ひろかず)
張 徹雄(ちゃん てつお)
草光 純太(くさみつ じゅんた)
前川 翔(まえかわ しょう)
米山 実生(よねやま みお)
水谷 純子(みずたに じゅんこ)
川添 通子(かわぞえ みちこ)
合田 真依子(ごうだ まいこ)
伊藤 千晴(いとう ちはる)
 

▼会場 

旧若葉台西中学校体育館
〒241-0801 神奈川県横浜市旭区若葉台4丁目34番1号
TEL:0422-22-0911

 

▼アクセス

1)東急田園都市線 青葉台駅からバス約25分又は JR横浜線 十日市場駅からバス約15分
・横浜市営バス55系統 若葉台中央行き「大貫谷公園」下車徒歩2分
・横浜市営バス23系統 65系統 若葉台中央行き「若葉台中央バス停」下車徒歩10分
2)東急田園都市線・JR横浜線 長津田駅からバス約20分
・横浜市営バス40系統、神奈川中央交通バス 若葉台中央行き「若葉台中央バス停」下車徒歩10分
3)相鉄線 三ツ境駅からバス約25分
・神奈川中央交通バス116系統、相鉄バス116系統 若葉台中央行き「若葉台中央バス停」下車徒歩10分
4)相鉄線 鶴ヶ峰駅からバス約30分
・神奈川中央交通バス115系統、05系統、峰02系統 若葉台中央行き「若葉台中央バス停」下車徒歩10分

横浜市営バス http://navi.hamabus.jp/
神奈川中央交通バス http://dia.kanachu.jp/bus/viewtop
相鉄バス http://www.sotetsu.co.jp/bus/map/index.html
5)お車・バイクの場合
会場に駐車場はございません。若葉台中央バス停近くに有料の立体駐車場がございます。

▼お問合せ

若葉台スポーツ・文化クラブ
〒241-0801 神奈川県横浜市旭区若葉台4丁目34番1号
TEL:045-921-0404
シンクロナイズ・プロデュース
http://synchronize-p.com/contact/
 

▼あらすじ

とある病院…老人が読書に耽っている。
彼は現代を生きる 「遍歴の騎士 ドン・キホーテだと思いこんでいるらしい。
が、余命はいかばかりか。
病院に慰問公演に訪れた「シンクロナイズ・プロデュース」の面々たちは、
上演予定していた作品を変更し、 物語の世界で理想を追い求め旅する老人と共に、
結末の見えない「お芝居」の旅に出る事にしたのだが…。

▼セルバンテスの「 Don Quijote de La Mancha」 ってどんな話?

とある村に、貧しい暮らしの郷士が住んでいた。
この郷士、騎士道小説が大好きで、昼夜を問わず読み耽るあまり正気を失い、
みずから遍歴の騎士「ドン・キホーテ」と名乗り、世の不正をただす旅に出るべきだと考え、
所有していた馬をロシナンテと名付け、地元のアルドンサ・ロレンソという田舎娘を、
佳人ドゥルシネーアとして思い慕うことを決意した。
また、遍歴には従士が必要だと考え、近所に住む間抜けなサンチョ・パンサという農夫を、
手柄を立てれば島の領主にしてやるという約束のもと、引き連れていくことにした。
旅の途中、ドン・キホーテとサンチョは風車に出くわす。
ドン・キホーテはそれを巨人だと思いこみ、全速力で突撃するが、吹き飛ばされて地面に叩きつけられる。
しかしドン・キショーテは、魔法使いが巨人を風車に変えてしまったのだと言い張り、妄想の旅を続ける…

横浜市旭区若葉台文化祭

11月にお祭りに招かれましたので、
「ドン・キホーテ」をやることにしました。

横浜市旭区若葉台の地域文化祭、前夜祭です。
このような活動にも取り組んでいきたいと思っています。

詳細はまた後日お知らせいたします。

牟田君の公演イラスト集

俳優、牟田圭吾のもう一つの才能。
公演の手書きイラストを作成し、
大入り袋に挿入し届けてくれました。
ご紹介します。

【キャスト】


【スタッフ】


【ギャラリー】


牟田ブログ
http://ameblo.jp/mutakeigo/
牟田Facebook
http://www.facebook.com/keigomuta

牟田君、いつもありがとう。

上演写真アップしました

「タニンノカオ〜人命救助法2012」の上演写真をアップしました。
ブローダーハウスのオーナー、荒木様が撮影して
DVDに焼いてプレゼントして頂きました。
プロ並みの腕前です。
荒木様ありがとうございました!
→コチラ

「タニンノカオ〜人命救助法」チラシ完成しました。

次回公演のチラシが完成しました。

今回は、15周年企画です。
いつもとはちょと違った趣きです。
小さな劇場で、4〜50人のキャパで少し長くやります。
参加メンバーはこの15年を支えてくれた気心知れた面々です。
稽古、和やかになりそうです。

再来週から本格的に稽古に入ります。
しかし密度の濃い作品でいろいろと奮闘が必要です。
さて、もがきましょうか。



「俳優のためのワークショップ」全日程終了。

ジャン・サスポータス「俳優のためのワークショップ」は
昨日、全日程終了しました。
参加者の皆様お疲れ様でした。

また、今回参加できなかった皆様、選考されなかった皆様、
ごめんなさい。

八月にまたジャンさんは来日しますが、ご自身のダンスで多忙だそうで、
来年また企画したいと考えています。